輝きを目指した話

Aqours 4th Lovelive! ~Sailing to the Sunshine~、お疲れ様でした

運良く2日間共現地にいることができて本当に良かったと感じました。

普段であればライブ中は多動のオタクなのですが今回は1日目がメインステージにかなり近いステージでありながらライブ全体としてセンターステージかバックステージをメインに据えた構成だった、そして何よりバックステージ正面にオーケストラが配置されていた故にとんでもない干されを経験し、2日目が打って変わって2階席の2列目ということで会場全体を綺麗に見渡せる位置取りだったのですが文字通り一歩間違えたら転落死の危険性がある座席だったので2日間通してかなり静かにライブを楽しみました(当社比)(ハミングフレンドは披露されませんでした、絶対許さねえからな)

なりませんでした

 

さて、肝心のライブの内容ですが、非常に満足度の高いものになりました。3rdがライブではなく応援上映に近い出来であったこともあり正直モチベもそんなになかったことから、かなりハードルを下げて観覧していましたが、その必要がなかったほどには素晴らしいものであったと感じています。

セットリスト、演者のMC、そして何よりオーケストラの生演奏、全てにおいて高いクオリティのライブだったと思います(唯一扱き下ろすなら毎度のことだけどオタクのクオリティ)

 

それではセットリストを振り返りたいと思います

 

Main theme of Lovelive Sunshine!!

入場時からオケが配置されていることを察しここで一度天を仰ぐ。

 開演時の消灯直後、ドームに響き渡るバイオリンの音でもう一度天を仰ぐ。

そして指揮台に登壇した男性の顔を見て三度目の仰天。

我らが加藤達也がそこに立っていた。

加藤先生の指揮と共に浦の星交響楽団が1曲目に奏でたのがこの曲。

こんな斜に構えツイートを軽く超えて来たので一生このコンテンツ推します。

 

君のこころは輝いてるかい?

"Aqoursの1曲目"は彼女達のデビューシングルであるこの曲、2nd埼玉、3rdとセトリの関係上「こころを輝かせて」観ることができなかった楽曲だったので今回はじめて純粋な気持ちで「こころを輝かせ」ることができました。

東京ドームという舞台に立つ上での最初の曲は彼女達の始まりの曲となったわけですが、とてもとてもエモかった。

 

Step! ZERO to ONE

2曲目はまさかの選曲、初心を忘れず「0から1へ」ということでしょうか。個人的には推し楽曲でしたが完全にノーマーク。とてもすき、ありがとう。

 

恋になりたいAQUARIUM (Day1のみ)

田んぼの様子が👏おかしい!イエッタイガー!

実際盛り上がりとか考えたら(家虎含め)めちゃくちゃライブ映えするけどそろそろやらないライブがあってもいいんじゃないかと思います。というかぼくが行ったAqoursの現場で披露されてないのが今年のアニサマだけなのでいよいよ飽きてきたなと言うのが正直なところ。

余談ですが現場で家虎すると周りのオタクから袋叩きに遭う可能性あるので実はバリューが低い説をぼくは提唱しています、アニクラとかでやるとめっちゃ楽しいけどね

 

HAPPY PARTY TRAIN (Day2のみ)

推し曲、初日にやれ。初日にやってたら間違いなく目の前で小林愛香に推しジャンを決められていたのに2日目は座席の関係上ハイジャンプで命の危険を感じたので小ジャンに抑えたために不完全燃焼に終わるという結果に。5thに期待。

 

少女以上の恋がしたい

9人少女以上ようやく拾えた。本当に1年待った。多分ファンミ札幌以来だと思うけどLVにも行ってないのでガチで1年待たされた代物、鈴木愛奈が一番。

 

青空Jumping Heart

ここでやるのかという印象、てっきり終盤にWBNWと合わせてやると思っていたので意外の一言。正味聞き飽きた感が強いのでノーコメント。

 

想いのかけら

たったの21秒がエモく感じられた。なんか初日は後ろのほうがうるさかったらしく聞き取れてないオタクがいたらしい、ぼくは来た瞬間に"想いよひとつになれ"来るやんけ!と頭を抱えていました。

 

夢を飛ぶ紙飛行機

や、エモいでしょ。2期のメインテーマと言える「起こそうキセキを!」のメロディが組み込まれた劇伴(ぼくは紙飛行機派生と呼んでる)を生演奏で聴けるなんてエモい意外の感情がない。キセキヒカルを含め紙飛行機派生楽曲が総じて好きなのでここだけで金を取ってもらっても構わないよという気持ちが強かったです。

 

Hello New Season!

これまた紙飛行機派生、中でも珍しい軽快な曲調がまた好み。2拍ごとにクラップしてたオタクいるけどこの曲は8拍ごとにクラップして(クラップ警察)

 

Let's enjoy together

クラップ曲です、わざわざスクリーンにクラップ用ワイプを作る徹底ぶり、推せるなあ。

 

前回のラブライブ!サンシャイン!!

誰かしら「前回の!ラブライブ!サンシャイン!!」って叫ぶんじゃないかと思ってたけどそんなことなくて民度の高さに驚いた。アニメ2期が終わって1年が経とうとしていたからか懐かしさで泣きそうになったのをさっき思い出しました。

 

決めたよHand in Hand (Day1のみ)

1st以来の披露、ようやく拾えたなあ。正直ノーマークだったのでここも頭を抱えていた。

 

ダイスキだったらダイジョウブ! (Day2のみ)

同上。前日のセトリから変わることは読めていたので被害は少なかった。

 

Waku-Waku-Week!

富士急公録以来のWWW。オタク共マジで真剣にクラップしろ。しないなら在宅で寝てろ。

 

G線上のシンデレラ

クラップしろ、在宅にならなくていいからクラップしろ。

 

想いよひとつになれ

今回の山場その1

先述の"想いのかけら"から読めていたがステージ上段にピアノと一緒に逢田梨香子が現れた瞬間にありえんエモさを感じ仰天。両サイドには斉藤と伊波、互いに逢田と視線を交わし逢田がピアノに向き合う。イントロが始まり逢田がピアノを弾き始めるも様子がおかしい。逢田がステージ上段から降りてきて伊波と斉藤がそれに駆け寄る。つまりこれは1stでの失敗をドラマとして再構成したものだってことを認識したわけですが

 

頭木谷*1か???

 

人の失敗から生まれたものを周りが美談とするのは良いけど自分らであれは良かったねってするのはどうなんだと感じました。

その後センターステージでスタンバイしていた残りの6人と円陣を作りだしたと思ったらまさか9人で踊り始めるんだからまた頭を抱えてしまった。

木谷見てるか?これが"ドラマ"の作り方だぞ

感動しました。もう一度ピアノ弾きに戻ってたらブチギレてた自信がある。

脈略もなく9人で踊り始めたらそれこそ唖然とするだけだしあの1stでの出来事があって「想いがひとつにな」ったからこそ9人のダンスでそれを表現したという解釈ができると思います。Cメロのソロパート、めっちゃエモかったなあ。

全国のカプ厨の皆さん、"ようりこ"は確かに存在したぞ。

 

聖なる日の祈り

"想いよ~"を終えてMCを挟んでの1曲目

初日に直前のMCで伊波が「少し早いクリスマスプレゼント」と言っていたので「"ジングルベル(後述)"キタキタキタキタキタキタキタwwwwwwwwww」となっていたら「聴いてください、聖なる日の祈り」、思わず「そっちじゃねえ!」と叫んだら連番者にどつかれました、すまん。

言うても小道具のランタンを使用した演出で正に「聖なる日」であるかのように感じました、すまん。

 

ジングルベルがとまらない

で、その直後にこれ。本命。"聖なる日の祈り"と共に2年待った、例によって札幌も沼津も見てないので。そういや打ち上げでジングルベルに乾杯!ってやるの忘れてたね。

 

FRIENDSHIP

"DETERMINATION"とツートップを張る1期最強の劇伴。初日は興奮のあまり"DETERMINATION"との判別が出来ずに終演後に後悔。2日目にドラムの音が入っていたので"DETERMINATION"と確信を持つも公式から発表されたセトリは"FRIENDSHIP"、飲み屋で膝から崩れ落ちました。負けたよラブライブ!サンシャイン!!。セトリ公開なんてどうしたんだ?

 

海の音を探して

映像がエモ過ぎた、高校入学前のAqoursのメンバーだけで構成されており海の音、想いをひとつにする前の彼女達の姿にあ゛あ゛~ってなってた(本当は黒澤ダイヤにマ゛マ゛ァ゛~と絶叫してた)

 

ONE FOR ALL

こっちもドラムやハミング、エレキギターが入っていたので"ONE FOR ALL"と確信を持っていましたがもしかしたら"ALL FOR ONE"なんじゃないかとも思いました。答え合わせには正解したのでまあ何でも良いです。この曲が来て"MIRACLE WAVE"もあるんじゃないかと思いましたが流石にありませんでした。

 

MY舞☆TONIGHT

今回の山場その2

達した。心の底から達した。

 

 

MCをせずに一切衣装に触れることなく降壇したのだけは許さないよ

 

待ってて愛のうた

行く先々で聴いている気がするけど飽きたことなし、Aqoursはこの手のしっとり目の曲が強いのも特徴な気がする。ここ2日目には"届かない星だとしても"になっていると読んでいましたがまさかの変更なし、推し楽曲なので許します。というか東京ドームで"届かない星だとしても"をやるのはラブライブ!における星であるμ'sに対する当て付け感が強そうなのでまあこれでよかったんだと思います。

 

未熟DREAMER

和装なんだからそりゃやるよね、腕組んでウンウン頷いていたら終わってた。

 

ありがとう、そしてサヨナラ

サントラ版とは違い"想いよひとつになれ"のイントロ部分は披露されませんでした。

というかこの曲イントロで涙出そうになるくらい思い入れが深いのでやめて欲しい。2期13話の図書室を閉めるシーン一生見ていられる自信がある。そして3週目くらいで泣く。

 

起こそうキセキを!

2期のメインテーマと言える楽曲、"Mein theme of Lovelive Sunshine!!"で始まったこのライブが終わりに近いことを感じさせるものでした。初日はこの曲が流れている間にメインステージにスタッフがマットらしきものを敷いているのを確認したので"MIRACLE WAVE"やるやんけ!と思っていましたが現実は違いました(連番者は棒に見えたらしくレールと予想してSLが登場してHPTワンチャンと思ってたらしいです、そっちでも嬉しかったけど出てきたのはSLよりヤバい代物でした)

 

MIRAI TICKET (Day1のみ)

なんかよくわからない船が出てきた、ビビる。案の定間奏で語りが入った、萎える。

 

WATER BLUE NEW WORLD (Day2のみ)

なんで両日披露しなかったの。パンフのグラビアも会場の幟もWBNWの衣装だったのに初日に披露されずホンマか?となってました。

初日終了後にミラチケがWBNWになる予想はしていましたが船の上での早着替えが難しいことから2日目の開演前にはその線を切っていました。

エモ過ぎて言葉にならないのがこの曲です。佐伯高志さんには頭が上がらない。

 

キセキヒカル

今回の山場その3、というか山頂

オーケストラを目の前に構えたバックステージに来て披露するなんてこの曲しかない、初日はイントロで頭を抱えてその日一番大きな声を出した。案の定オーケストラの生演奏での披露であり、声は出ても本当に言葉が出なかった。

 

Awaken the power

やることは佐藤日向がアニマ横浜にスタァライトで参加しないことから知ってた。けど無限に高まってて直前まで忘れてた。この曲があったからミラチケ→WBNWはないと思っていたけど普通にWBNWの衣装でAtpやり始めてホンマ?となった

こいつ毎度毎度考察しては的はずれなこと言ってんな

 

No.10

ついに公式側が点呼でオタクに10と言わせるよう仕向けた楽曲、あの点呼さえなければ完璧なのになんでやねん。

 

ユメ語るよりユメ歌おう (Day1のみ)

斜に構え過ぎてイントロが来た瞬間に某プロジェクトが頓挫したことに気づいてゲラゲラ笑ってしまった、ド定番だしいつも通り合唱して終わり!

 

勇気はどこに?君の胸に! (Day2のみ)

まあ2日目は変えるよね。真上から会場見てたけど某プロジェクトの動きが欠片もなくてやっぱりゲラゲラ笑ってしまった。3rdより明らかに楽しく合唱できた。

 

未来の僕らは知ってるよ 

アンコール1発目、そういややってなかったなあって感じ。

T-SPOOKで初披露されてから1年経ったのかと思うとこの曲すらエモく感じられてヤバかった。

 

WONDERFUL STORIES

アニサマを思い出して謎の頭痛が発生。間奏で2期13話と同じ語りが入ったことで目が覚める。この語りは重要なものであり、ミラチケの間奏と違う点が「物語を語る上で不要なものではないこと(ミラチケは大事な大会でのナメプと言え、実質敗退の原因と言えるため)」、「このライブの表題がSailing to the Sunshineであり、語りの内容にある輝きの在り処とはこのライブにとって欠かせないものであること」の2つ挙げられます。この曲というよりこの語りがあるからこそ、この4thライブが完成したと言えるのではないでしょうか。

 

Thank you, FRIENDS!!

ありがとう。この一言に尽きます。

ダブルアンコールの前後に会場全体のオタクが合唱し始めたのを見て久々に「ラブライブ!」を感じられた気がしました。某プロジェクトの主催者見てるか?

オタクの一体感は人為的に作るものではなく偶然「想いがひとつにな」って出来上がるってことを再確認しました。オタクたち、グッジョブ。

 

 

 

2日目、サンフレが終わり演者が降壇した後にもAqoursコールが止まることはなく、ダブルアンコールで再登壇したのは非常に感慨深いものがありました。オタク共、演者がマイク取ったら黙ろうな。

最後の最後に9人の肉声を感じられ、エモいという言葉すら出ないほどに感動していました。

本当にありがとう。

 

このブログのタイトルの元になっているのが劇伴のタイトルである「輝きを目指して」なのですが、実はこのタイトルが使われている楽曲が実は2つ存在しており、1期のSiling to the Sunshineに原題として、2期のJourney to the Sunshineにも「輝きのその先へ」と改題されて収録されています。実は公式サイトでは「輝きを目指して」のままなので確認してみてください。どちらの「輝きを目指して」も1期2期それぞれのメインテーマをアレンジした素晴らしい楽曲になっています、ありがとうカトタツ

 

さて、4thライブが終わり、アジアツアーと5thライブの発表がありました。更には4thシングルの総選挙の日程も発表され、新たなプロジェクトがまた始まろうとしています。

函館では小宮有紗さんがいち早く「センターで歌いたい」と言っていた為、それに乗るつもりでしたが、今回のMCで小林愛香が真っ先に「センター曲引っ提げて東京ドームに帰ってくる」と宣言したので今回はそれに乗っかることにしました。津島善子を絶対にセンターに立たせ、新しく津島善子の痛ユニを仕立てるのが次の目標です。推しを笑顔にしてこそ一流のオタク、絶対に小林愛香を笑顔にして涙を流させたいと思います。

 

それでは皆さん、次は台北や5thライブでお会いしましょう

 

 

 

千葉のファンミとかあったなあ…

*1:木谷高明:言わずとしれたブシロードの元社長でありブシロードミュージック代表取締役社長。つい先日、インタビュー内で自身が手がけたプロジェクトであるバンドリにおいて劇中バンドの担当声優が2名体調不良で降板となり演者が交代になったことを「ドラマ」と表現し、声優はコンテンツの手駒ではないと炎上した