俺とお前と肥田ゆちか

アジアの英雄

Twitterが凍結しました

ライブの感想記事書きながらもっと伝えるべき重要案件あっただろと思って書いてます

 

この度TwitterID:@Humming__Friendが訳あってTwitterJPからハシゴを外されました

 

 

何故凍結したのか、まあこれに関しては完全にぼくの不注意でございまして

 

攻撃的なツイートをしてしまったから

 

なんですね

いやまあ自分としては攻撃的なツイートであった自覚は無かったのですがまあ確かに客観的に見たらそう取られてもおかしくはないのかなと言った印象です、正直Twitter社は前後の会話を汲み取らずに当該ツイートだけを切り取って判断する連中なので未だに納得はしてません。まあ冗談でもリプライで"ガ〇ジ"などと送ってしまった事を反省しましょう

 

 

というかTwitter社は割としょうもないツイート(特にリプライ)はよく観察しています、冗談でも「死ね」や「殺す」といったツイートをした覚えがある皆さんはリプライを中心にツイ消しをした方がいいかもしれません

 

ちなみにぼくはこの凍結以前に2回のアカウントロックの経験があるのですが

初回の該当ワードは「死ね」
f:id:nabechiyo0628:20180712135334j:image

2回目は「ㄘんㄘん」
f:id:nabechiyo0628:20180712135346j:image

そして今回は「ガ〇ジ」
f:id:nabechiyo0628:20180712135354j:image

でした、初回がアウトなのはまあ確かに仕方ない部分がありますが2回目は当て字です、注音符号との組み合わせでㄘんㄘん=ちんちん=男性器であることを読み解くわけですから実は機械ではなく人の目でチェックしてるのかも知れませんね(だったら前後の会話を確認するべきだし機械が偉いだけっぽい)

というか3回目に至っては伏せ字を使っているのにも関わらず貫通しています、マジで機械が自動でチェックしてるのか疑わしいですね、というかこれで誤凍結したらどう責任を取るつもりなんだ?「間違えちゃったアハハ〜」じゃ済まされないと思うし、もしも例えば「ガクジ」という人が居てエゴサ回避の為に「ガ〇ジが〜」とかいうリプライを送ってアカウントがロックされたら事故ですよ、この機能は本当に良くないので早急に見直すべきでしょう

 

 

まあそんなこんなでHumming__Friendはポアされました、今はnabechiyo39というアカウントで元気にやってます

なにか質問などあったら答えられる範囲で答えます

ちなみにぼくがアカウントロック及び凍結された該当ツイートのリプライ先は全て"ねごや"というオタクに対してです、こいつ絶対許さんからな👊

動いてないと探せない何かを探したお話

3rd振り返るよ、また全曲解説してくよ

 

未来の僕らは知ってるよ

 

多分今ツアーの表題というかメインテーマだと大阪までは思ってた、というかキセキヒカルを聞いて全部ひっくり返された。これについては後述。

T-SPOOKでの初披露からおよそ半年強、本当に長い時間だった。ファンミはモチベ低い時期に抽選が行われた関係上千葉公演しか行ってなかったので本当に待たされた、千葉公演が終わってからも3ヶ月あったし久々に聞いた未来僕からはアツいものが感じられた。

この曲の真意についてはアニメ2期最終話を観て欲しい、未来の僕らは何を知っているのか、ちゃんとアニメに解答が用意されていた。

 

君の瞳を巡る冒険

 

これ。最強。

2曲目にやっていい曲じゃない、もっと大事に使って欲しかったけどライブの構成上仕方ない部分があるのは確か。一切コールが存在しないのも逆にCOOLで良い。Escape and search on mindくらいオタク全員でシャウトしても良かったと思うけど正味どっちでも良さげ。

 

"MY LIST" to you!

 

度肝を抜かれた。ここでやるの?

伊波杏樹さん「次の曲も盛り上がっていきましょー!」

オタク「うおおおおおおおおおおおお!!!!!」 

響き渡るクラップ音、これマジ?

クラップに†真剣†なのでずっとクラップしてた、なんか気付いたら曲終わってた。普通に好きな曲なのでもう一度ちゃんと聞きたい。

 

MY舞☆TONIGHT

 

専用衣装がないらしい。でもどうでもいい、ありえん。

絶対衣装あると思ってた、終演後のドエロい小宮有紗さんの自撮りが一番の楽しみと言ってもいいくらい衣装に期待してた。

和ロック、弱いはずがなく今回のライブ構成じゃなければ確実にセトリのド真ん中に置きたい。Daydream Warriorから繋がったりスリリング・ワンウェイに繋がったらかなりエモそう、今ライブ唯一の完全無心爆アゲ楽曲だった気がする。

 

君のこころは輝いてるかい?

 

2ndに続き今回も輝けなかった、前回は直前のミラチケの演出がアニメを意識していたものであったから、今回もアニメ2期3話が頭を過ったから、早く本気でこころを輝かせて楽しみたいの一言。

 

MIRACLE WAVE

 

なんにも言うことない。伊波杏樹、最強。

絶対に全部成功させてくるって信じてたけれど正直なところこれは斜に構えてるとかではなく個人的な意見として1stDay2のように何かを失敗した時にこそ演者の素の姿、本気の姿が見られると思っているのでどっかで失敗しないかなという気持ちはあった、本当に最低だけど。

この曲や「想いよひとつになれ」から感じられるのはAqoursのテーマが"挑戦"にあること。例えば劇中Aqoursは"廃校の阻止"、"歴史に名を残す"といった挑戦、例えば声優ユニットAqoursは"馬跳び"、"ピアノ演奏"、"ロンバク"などライブ演出や"沼津市の町興し"といった挑戦、他にも挙げられるがどちらも大きさは違えど常にAqoursには"挑戦"という2文字が付いて回っているんだなと感じた。

そして何より次の大きな"挑戦"である"東京ドームへの挑戦"、グループ4回目のライブにして日本最大のドームである東京ドームに挑戦するAqours。先人が最後に辿り着いた場所を"通過点"としなければいけない事の重大さ、そして何よりAqoursをよく思わない連中の「まだ早い」「身の丈に合わない」と言った声への挑戦、そんなAqoursの"挑戦"をわかりやすく象徴したような楽曲だと感じられた。そして我々オタクもその"挑戦"を見守る義務があり、その困難や壁を乗り越えることこそがラブライブ!の本質であると改めて感じられたパフォーマンスだった。

(以上2018/7/12追記)

 

続きはまた書きます

GWの頭にHAKODATEに行ってきた話~鹿角理亞と佐藤日向と函館の親切なおじさんに土下座した(する)回~

ゴールデンウィークが終わってもう1週間が経ったそうです、早いですね

皆さんもこの連休中はどこかに旅行に行ったり、いつも通りに出勤したり、家で寝たりしていたのでしょう

かく言うぼくもGWは"Saint Snow presents HAKODATE UNIT CARNIVAL"なるライブを鑑賞し(佐藤日向さんに土下座するため)に函館に足を運んだり、オタクと野球を観に行きうっかり中日ドラゴンズ公式Twitterに顔を晒されたり*1と今年のGWは非常に満喫したGWになりました

 

こちらが佐藤日向さんに土下座しようって記事ですね、経緯はこちらからどうぞ

cy-nabechiyo0129.hatenablog.com

 

 

さて、というわけで今回はGWの頭に函館にオタク活動をしに行った話です

 

4月27日から29日にかけて函館に2泊3日のスケジュールで旅行へと行ってきたわけですが、実は祖母方の実家が北海道にあり、親戚が多く住んでいるので北海道に行くこと自体は特に珍しいものではなかったのですが、春の北海道に来るのは初めてであること、函館という土地に行くのが2回目(前回は7年ほど前)であったこと、そして初の1人での北海道であることからオタクライブを抜きにしてもとても楽しみにしていた旅でした

 

旅に出る27日(金)(大学に行け)は朝4時半に起床し羽田空港に向かいました(オタクの朝は早い)、この時は特に何かあるわけでもなく7時15分の飛行機に乗り8時半に無事函館まで到着しました(強いて言えば羽田の搭乗受付の前でババアが1人ヒスっているのを観測したくらいでした、クレーム付けるのは勝手だが他の客が居るのにヒスるガイジナニモンなんだ)(それと機内にオタクが多過ぎた、お前ら仕事や大学はどうした)

 

函館に到着するとその足でライブ会場である函館アリーナへ、開場は17時でしたが物販の整理券配布があった為、そちらへ向かうことに。1時間ちょっと並んだ末に整理券を回収、次はホテルへと向かい荷物を預けそのまま函館朝市へ足を運びました

 

 

最高。最強。

函館の駅で大学の後輩であるグラドラくんと合流、その足で昼食(ぼくにとっては朝食)を取ることになり、朝市の丼物屋に入店

 

メニューを見たぼく「めっちゃ日本酒飲みたい」

 

ライブを控えながらも6時間あれば酔いは覚めるなどと訳のわからない中年のような理論を展開し昼からの飲酒を決意、思えばこの時のぼくは既にライブを鑑賞する前から優勝していたのかもしれません

 

そしてなんやかんややりながらもライブへ

1曲目から鹿角理亞役佐藤日向さんが登壇、ここで1回土下座。そのまま1曲目はDROPOUT!?、ヘドバンをしながら軽く土下座。MC中に再度土下座。2曲目はCRASH MIND、ラップ中に土下座。とんでもないバケモンセトリを見せられた感動とその中でも積まさせられたCDの表題曲であるAwaken the powerは披露されないというモヤモヤ感を抱えながらもライブは終了、Atpが披露されなかったことを考えるとまあ準優勝かな、という気持ちでした。連番者さんと別れまたグラドラくんと合流し函館ラーメンを食べてその日はそのままホテルへと戻りました。皆さん、北海道限定ナポリンサワーを飲みましょう 

 

翌日28日、この日はライブの開演が13時であることから寝坊が懸念されましたが何とかケア、実はぼくはホテルの布団だと落ち着かないタイプらしくかなりの高確率で目覚ましより早く起きてしまいます

起きてすることもないので朝食を取りにホテルの食堂に向かい、食後は部屋に戻って即Twitter。オタク、観光をしろ

 

まあそんなことをしていたらライブの時間になったので会場に向かい2日目の鑑賞。前日と比べたら見劣りするセトリでした、平日の方がセトリ強いってどういうことだ。2回戦落ち。

 

特に重要な発表もなく疲労が溜まっていたこと、そして推し楽曲が干されたことにより虚無になっていたぼくは宿の前のセイコーマート*2ナポリンとうきびアイスを購入しホテルへと帰宿。軽いおやつとしてそれらを頂き、虚無を癒やすために昼寝をしました

 

さて、その日の夜はSPLのしゅかくんと飲みに行く約束を機運で取り付けていたのですが、昼寝から起きたら18時前。彼は函館観光をしているようなのでまだ時間があるしなぁと思いながらTwitterを開くぼく。何だお前、本当に旅行中か?

 

30分程経って、ようやく自分が「暇」であることに気づいたぼく、時計は既に18時半近くを指し外の景色も太陽が沈み切る近くでした。今から観光するといっても地方都市の施設は閉店、閉館が早いのでどこにも行けない、さてどうしよう。しかし、この函館において唯一と言っていいでしょう、夜にこそ輝く施設がありました。そう、それこそ

 

函館山
f:id:nabechiyo0628:20180515221908j:image

 

正直ロープウェイの往復料金でも結構するので当初は行くつもりはなかったのですがあまりにも暇、そして次にいつ函館に来れるかわからない、なにより明日行っても夜景を見ることは出来ない上にこのタイミングで夜景を見に行かないとAqoursを感じることが出来ないのでは(?)と感じ登山を決意。その後は早かったですね、財布とスマホと貴重品だけ持って部屋を退出、市電を捕まえ即座に函館山の麓へと向かいました

 

函館山の麓に着くとまあ予想通りなのですが無限にオタクが群がっており、「これが本当の猿山か…」とある種の感動を得ました。ぼくが通っている中◯大学も山の上にあることや独自の進化を遂げた猿が多いことから猿山と揶揄されるのですが、それを凌駕する猿山にあの日ぼくは圧倒されていました、猿はロープウェイを使わずにちゃんと登山してくれ

 

待たされること45分近く、ようやく登りのロープウェイに乗り山頂へと向かっていきます、既に進行方向後ろ側には夜景が広がっており、キモ=オタクのぼくですら普段は推し声優にしか向かないはずの目を奪われてしまいました

 

ぼくが写真を撮ることが苦手(写ることも)なのもありますがそれを差し引いても明らかに写真で見るより生で見たほうが綺麗です。女の子氏ちゃんさん様、一緒に函館、行きませんか?Twitter(@Humming__friend @nabechiyo39)に連絡をください

彼女もなしに1人で静かに100万ドルの夜景を見るオタクと複数のオスで集まりワイワイ夜景を背に写真撮影するオタク、どちらが虚しいかと言われたら評価は難しいと思います、隣に女性が居ないことに差はないのです

 

さて、下りのロープウェイでも待たされること30分強、およそ2時間ほどで麓から山頂までを往復することが出来ました、本来ならもっとスムーズに行けるのでしょうね

 

函館駅まで戻ってきたところでSPLのしゅかくん、そのお友達のうぇんくんと合流、駅前の飲み屋に入り優勝するなどしました

 

 
f:id:nabechiyo0628:20180515222046j:image

こちらが今回お邪魔した浜焼きベイベーさんのオススメ焼酎である「門前仲町*3の親父が愛した梅割」です(ここは函館なんだが?)

 
f:id:nabechiyo0628:20180515222108j:image

メニューにもしっかり推されていて「1000円でベロベロになりたい人はこれ」という謳い文句に惹かれて注文しました

 

何故か2時間飲み放題コースだったのに3時間半くらい居座ってしまったわけですが店員さんもラストオーダー持ってきた後に頼んでもいない梅割を持って来られたので店員さん公認の居座りでした、決して不利対面突っ張りヤクザではないです

 

店員さん「これ2杯飲んだんですか?めっちゃ強くなかったですか?笑」

ぼく「え~、そんな強くなかったですよ笑(オタクスマイル)」

店員さん「マジですか?これここまで酒入ってるんですけど(グラスの8分目まで指す)」 

ぼく「ウッソだろお前…」

店員さん「というわけでこれ、もう一杯どうですか?」

ぼく「エイネエイネ」

 

 

 

 

 

 

めっちゃ酩酊しました(門仲梅割3杯)(それはそう)

 

 

その後は店員さんと雑談したり「ラブライブ!サンシャイン!!」について聞かれたのでそれに答えたりして過ごしました、何故かLINEも交換しましたしこれがパリピのパワーか…とたじろいだりもしました

 

こうして飲み会はお開きになりました。しゅかくんうぇんくん、めちゃくちゃ絡んでしまって申し訳ない

 

 

二日酔いが懸念される函館旅行最終日の29日、この日の16時に函館を発つことからそれまでの時間を使い目一杯函館を観光するつもりでした

 

7時前に起き、二度寝三度寝を繰り返しなんとか10時にチェックアウト、どうせなら黒澤ルビィを感じようと歩きで劇中での鹿角姉妹の実家のモデルとなった菊泉*4さんに向かうことにしました

 

菊泉に向かう道中、Aqoursが菊泉から離れた後に腰を落ち着けたり1年生が理亞と面会を果たしたラッキーピエロ*5 ベイエリア本店があります、ご覧の通り一面のキモ=オタク。この時点でラッキーピエロでの食事は諦めました(前日の酒であまり腹の調子が良くないのもあったので次回来訪時は絶対に食べに行くからな)  

 

 しかし函館の名物は何もラッキーピエロだけではありません、それがこちらハセガワストアの焼き鳥弁当、注文を受けてから作られるためいつでもアチアチ・弁当が楽しめます。勿論当然の如く美味、腹の調子さえ良ければ大で食べたかったものです(画像は小)

 

さて、遅めの朝食を取り、聖地巡礼を続けます。

 

 Awaken the powerが披露された八幡坂です、作中同様めちゃくちゃ急でビビる

 

 そして八幡坂の目前にはこちらですね、ありえんエモみを感じた。何の変哲もないベンチでも函館山の夜景と同じくらいエモかった。

f:id:nabechiyo0628:20180515233236j:image
 坂を登り切るとそこは鹿角姉妹が通う函館聖泉女子高校のモデルになった函館西高校が函館湾を見下ろしています。この函館西高校も来年2019年3月に閉校し、統廃合により新設校として再度新たな歴史を歩み始めるのが決定しており、どこか他人事のようには感じられません

 

 さて、函館西高校から徒歩1分のところに目当ての菊泉があるのですが函館UCの前後は通常営業を行わずにキモ=オタクの為にわざわざ店内の見学用に開放されていました。本当に申し訳ない

 そう簡単に菊泉に入店できるはずもなく待機列は1時間待ち、オタクは待つことに慣れているので当然並ぶわけですがしばらく経ってから1つ問題が起きます

 

 

腹が痛い

 

 

 あのさあ…

 半分脂汗をかきながら菊泉に入店、とにかく最低限理亞の部屋の写真を撮って足早に退店したのを覚えています、聖地巡礼する前日に酒を飲み過ぎるのはやめようね!


f:id:nabechiyo0628:20180515222450j:image
f:id:nabechiyo0628:20180515222507j:image

 

 退店即厠。近くの元町公園に綺麗な公衆トイレがあったので迷わず直行、腹痛と便意を処理します。もう一度菊泉並びたくねえ…

 


f:id:nabechiyo0628:20180515222532j:image

 さあ気を取り直して旧函館区公会堂へ。こちらも勿論聖地であり、9話で理亜とルビィが圧迫面接オーディションを受けた場所であり、エモみの深さを感じました。個人的にこういった場の内装を撮影するのが苦手なので写真はありません、明治に作られた建物であり文化的な価値は高いと思います(現に国の重要文化財に指定済)

 
f:id:nabechiyo0628:20180515222556j:image
f:id:nabechiyo0628:20180515222612j:image

2階のテラスから望む景色はまた格別でした。函館の街はどこを取っても(どこで撮っても)景色が綺麗ですね、ラブライブ!関係なしに良い所だと感じました

 旧公会堂を後にし、函館元町近辺最後の目的地である「船見児童遊園」に向かうわけですがここでこの旅行で最も懺悔したい出来事が起きます

 

f:id:nabechiyo0628:20180515190355p:plain

 まず出発地である旧公会堂が地図上5の場所です、そしてこれから向かいたい船見児童遊園は4の位置にあります。しかしてこの公園、作中でも描かれているようにとても小さな公園であり、またこの周辺は地図で見ると勿論わかりませんが非常に坂が急であることもあり先が見えずに道に迷ってしまいました(スマホの充電も怪しく、2つあるモバイルバッテリーを1つ充電し忘れていたことからスマホに頼ることをしなかったのが一因、ちゃんとバッテリーは充電しようね)

当初は地図上の5から4に向かうルートを歩いていたのですが、途中大町駅から伸びる弥生坂のところでぼくは南に向けて坂を登ってしまいます。思えばこの時この坂を登っていなければこの出会いはなかったでしょう、まさに一期一会と言える出来事でした

函館現地で配られているロケ地ガイドの地図を見ると弥生坂を登っても児童遊園に着くように描かれており、上記地図でも弥生坂を登っても児童遊園に着けることがわかると思います。しかしこの場所は非常に急な登り坂であり、平面で描かれた地図と違ってどれくらい進んできたかの距離感が地図と合わなくなります。とんでもない罠でした。ぼくはどこで右に曲がればいいのか迷ってしまいました、やっべえ…戻って姿見坂まで進んでから登った方がええんかな、ただ坂下ってもう一度登るの面倒だしなぁ…などと葛藤していると道端で近所の方と談笑していたおじさんが声を掛けてくれます

 

おじさん「こんな所まで観光かい?どこに行きたいの?」

 

ぼく「(うわこの人絶対ラブライブ!サンシャイン!!とか知らないし地元の小さい公園に行きたがる奴とかどう見てもヤベえ奴認定されるしどうすりゃいいんだ、そう言えば児童遊園の近くに旧ロシア領事館とかあったな、これや!)あっ、旧ロシア領事館に行きたいんですけど、道に迷ってしまって…」

 

おじさん「あーロシア領事館はもう一個向こうの坂だね、戻ってまた坂登るのも大変だしここからでも行けなくは無いけど獣道*6だから案内してあげるよ」

 

ぼく「(んんんんんん~そこまで求めてないのに大変な事になってしまった、申し訳ねえ)いえ、良いですよ悪いですし」

 

おじさん「遠慮しなくていいよ、じゃあ行こうか」

 

ぼく「(こんなキモ=オタクの為に申し訳ねえ…)すみません、ありがとうございます」

 

こうして初めて会う親切なおじさんに函館の住宅地を案内させるキモ=オタクの構図が出来上がってしまいました、こいつ楽には死ねないんだろうなぁ

 

なんとそのおじさんはぼくが「日本史に興味のある若者」と勘違い*7されたらしく道中に座している「己巳役海軍戦死碑*8」の説明までご丁寧にしてくださりました。話の内容はよく覚えてますし忘れることはないです。また台本もなしに解説が出来る地元の歴史に対する理解度にも驚きました。この情報化社会において忘れられようとしている「語り継ぐ」ことの重要性を思いがけない形で改めて感じました。その後も歩きながらおじさんの身の上話であったり社会に出た後のお話も伺いました。やはり年の功というのは馬鹿にできず、とてもためになる話が多かったです。ただのオタク旅行の中で生まれたしょうもない自尊心を保つための虚言に付き合わせてしまった申し訳無さもありましたがそれ以上に地元の人の温かさや地元の方々が語り継いで来られた歴史の重要性など本来この旅行では得られなかったであろう物、そして他のオタク達は絶対に得られなかったであろう物を感じました。この出来事はぼくだけが得られた貴重な経験であると思っています、これだから旅は面白い

 

旧ロシア領事館まで案内してくださった函館弥生坂付近にお住まいのカマヤさん、4月の末にお世話になったワタナベです。あの時は咄嗟に出てしまったとは言え騙すような真似をして本当に申し訳なく思っています、だからと言って貴重なお話を忘れたわけではなくちゃんと覚えています。これからもお体に気をつけてお過ごしください、本当にありがとうございました

 

さて、いい話風にこのブログを締めくくりたいところですがまだこの旅は終わりません、何故なら目的地は旧ロシア領事館ではなく船見児童遊園なのです

 

カマヤさんとお別れして船見児童遊園になんとか辿り着くことが出来ました、本当に小さい公園でビビり散らしました。やべえな、こんなとこ聖地にするのか…

 

さあこうして元町地区の聖地巡礼は終わりました、帰り道に腹痛とバトってて撮れなかった菊泉の外装を撮影し急いで五稜郭へと向かいます(当時13時半)(残り2時間半で五稜郭に向かい空港まで行かないといけない)

f:id:nabechiyo0628:20180515222833j:image

f:id:nabechiyo0628:20180515222956j:image

???「商い中ってありマース」

 

八幡坂を下り、最寄りの十字街駅に辿り着き市電を待つこと5分、そして市電に揺られ20分、五稜郭公園前に到着します。後は5分ほど歩けば五稜郭公園、五稜郭タワーに到着。しかし展望台へのエレベーターはチケット購入列を合わせて45分待ち、ですがオタクは待ちます。オタクとは待機列に長時間並ぶことに生きがいを感じるのです、45分なんて長時間のうちに入りません

 

 これ元のセリフは「夢にまで見た魔法陣!」だった気がします、この時は気が動転していて蛇足が付いていました

というか桜だ、4月末なのにピンクが見える、ここは本当に日本か?

時間さえあればコンビニで酒でも買って花見酒がしたかったのですが時間がないので断念。本当に綺麗な桜でしたね

他にも松浦果南ごっこをしたりして遊んでいました。

 

さあこれで本当に聖地巡礼は終わりです、後は函館空港に向かいお土産を買って東京に帰るだけです

 

 こうして2泊3日のオタク函館旅行は終わりました、何故か帰京したその足で第4回ギン飲みに行ったり飲み会に行く途中でFGOアキレウスの実装が決定してギン飲みで引き当てたのはまた別の話。

 

本当にこの旅行はライブ以外にも得るものが多く、むしろライブ参戦よりライブ終了後の飲み会であったり最終日の聖地巡礼の中での人との出会いがメインであったように感じました。まさに「全てに意味がある*9」と感じられた旅でした。グラドラくん、しゅかくん、うぇんくん、連番者のようちかさん、浜焼きベイベーのヒロテルさん、そして誰よりカマヤさん、Saint Snow、CYaRon!、AZALEA、Guilty Kissの皆様方、生涯で一番濃密なGWを得ることが出来たと思ってます、楽しい時間、貴重なお話を本当にありがとうございました!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

P.S.

濃いGWを過ごしたが故に5月病になってます、たすけて

*1:https://twitter.com/DragonsOfficial/status/991304452026974209 このツイート内にぼくが写っているので暇なら探してみてね!

*2:Q.北海道のコンビニと言えば?A.セイコーマート セイコーマートがあるところは北海道領であるとかの聖徳太子も十七条憲法の第18条に記していることはあまりにも有名

*3:東京都江東区の地名、隣接する深川では深川めしが有名であり、あさりの炊き込みご飯は都内に住むオタクは是非一度食べに行って欲しい。東京にも函館と張り合える魚介料理があるんだ!(*^◯^*)

*4:茶房 菊泉、ぜんざいやごまあいす等の甘味の他にも郷土料理のくじら汁も提供されている甘味処、読みは「きくいずみ」。「きくせん」とか言ってるオタクが入店待機列に居てヒリついた、4月24日発売のBD5巻特装限定版映像特典のてくてくAqours in 函館を観てから函館に来い

*5:函館のご当地ハンバーガーショップ、名物はTHE フトッチョバーガー。暴力。一度調べることをオススメします

*6:後からおじさんから聴いた話ですがこの辺りは先に住宅が広がっていたところに無理矢理道路を作ったらしく、その名残から獣道が多いそうです

*7:実はぼくが慕っている高校時代の恩師の専門が日本史であることから人並み以上に興味はあるつもりなので間違ってはいない、問題は今回の目的が幕末の史跡巡りではなくラブライブ!サンシャイン!!の聖地巡りである一点のみ

*8:己巳戦争、すなわち箱館戦争において戦死した新政府軍海軍の軍艦、朝陽の乗組員の名前が刻まれた巨大な一枚岩を軍艦形に縦割りにした碑 己巳役海軍戦死碑 | Donan.info 詳しくはこちらからどうぞ

*9:TVアニメ ラブライブ!サンシャイン!!2期5話「犬を拾う。」より オタク達、犬を拾え。

大学を干して推しの誕生日を祝いに沼津に行った話

皆さんは4月17日は何の日かご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

 

f:id:nabechiyo0628:20180507021547j:image

そう、我らが渡辺曜*1の誕生日ですね

 

先日の4月17日火曜日、かく言うぼくも渡辺曜の誕生日を祝うために大学を破壊して彼女が待つ沼津*2へと足を運びました(朝5時起き)(1限より早い起床時間)

 

推しの誕生日を祝う為に所謂"聖地"に足を運ぶオタクなんて気持ちが悪い、ぼくも以前はそう思っていました

 

しかし

 

 

 

 

こんなん行かなアカンやん!!!

※欧蘭陀館は渡辺曜の実家のモデル

 

ということで片道2時間、往復5000円弱を支払い沼津までハンバーグを食べに足を運んだ次第です(さわやか行け)(本当はあわしまマリンパークで行われているリアル脱出ゲームに参加するために4月中に沼津や内浦に行かなきゃいけなかったので半分くらいの動機はこっちです)

 

当日は9時から整理券配布ということで欧蘭陀館にも初めて足を運ぶこともあり、まあ8時位に沼津着けばええやろ~って思っていたので8時4分に沼津に着く電車に乗ったわけですね。ところが沼津の1駅手前の三島に停車中のことです、電車がなかなか出発しないんですね。すると車内アナウンスから

 

「只今三島駅沼津駅間にて線路内にお客様が立ち入ったということで確認作業の為、運転を見合わせております」

 

 

 

 

 

は???

 

 

お前なんで今日のこの時間に限って線路内に立ち入る奴が居んねん、どう考えたってオタクの陰謀かなんかやろ、いい加減にしてくれ、渡辺曜の誕生日に沼津近辺の線路に飛び入って死のうとするな

 

三島で1時間近い足止めを喰らい、こりゃ整理券残っとらんやろなぁと思いながらもオタク特有の早歩きを駆使して沼津の街を駆け抜けて欧蘭陀館に到着

すると限数の120を越えていたものの店員さんのご厚意で若干数の追加整理券を配布していたようでなんとか整理券を回収、追加分の整理券の場合は途中で列を抜けられないシステムらしく3時間近く列に並び12時過ぎに入店しました(推しの誕生日に海風が強い寒空の下長時間立ちっぱなしで虚無になった)

 

入店すると店内も誕生日仕様の装飾が施されておりこの日の為に用意されたであろうフラワースタンドも展示されていました、かわいい

 

席について注文は勿論誕生日限定メニューの"曜ちゃん誕生日プレート"と誕生日仕様の"曜ちゃん家のハンバーグ"の2つ、朝から何も食べていなかったので空腹から2つくらい平らげられるやろと注文をしました

こっちが誕生日仕様の曜ちゃん家のハンバーグ

ガ◯トで有名なチーズインハンバーグをメインに据えたハンバーグプレートですね、自分はガ◯トのチーズインハンバーグを食べたことがなかったので初挑戦だったのですがこれが中々美味しいものでした、20歳になって旗の刺さったドライカレーを食べることになるとは思ってもなかったです

 

で、こっちが曜ちゃん誕生日プレート

こっちはホットドッグがメインに据えられたプレートでありこちらのハンバーグはチーズの入っていない普通のものでした、おいしい。また、ホットドッグはウインナーの他に白身魚のフライが挟まったものでした、白身魚のフライ大好き人間のぼくにとってはとても限定メニューにしておくにはもったいないと思うものでした

 

さて、場面は少し戻って特別メニューを首を長くして待つなべちよの脳裏に1つの疑問が浮かんできます

「はて、淡島に向かうバスはどれくらいの頻度で出ていたっけな。脱出ゲームに2時間ちょっとは使いたいし閉園の時間も考えて14時過ぎには向こうに着きたいなぁ」

スマホくん「沼津13:25発のバスに乗って14時前に着くぞ、ちなみにバスは30分に1本でこれを逃したら13:55発で14時半前着だぞ」

ぼく「は?」(当時の時刻は12:50)(まだ食事が届いていない)

 

食事に妥協をしないタイプのぼくではありますがこの時ばかりは若干食べるスピードを早めて食事をしました、勿論適当に掻き込んだわけではなくちゃんと味わって食べましたよ。めちゃくちゃ美味しかったです

ところで欧蘭陀館さん、伝票に"曜ちゃん家のハンバーグ"を記入する際に「ヨハン」って書くんですよね、ヨハンと言えば"ヨハネ"のドイツ語形である"ヨハネス"と同義でありこれは実質「ようよし*3案件」であることから欧蘭陀館さんの推しCPはようよしであると判明しました、(二重の意味で)ごちそうさまです

 

さて食事を終えて退店すると腕時計は13時45分を指していました。ヤバい、ワンチャンバスに間に合わない。幸いマリンパークに向かうバスが近くのバス停を通ることは知っていたのでそちらに例によって早歩きで向かいました、無事にバスを捕まえてマリンパークへと出発。この辺りから若干空模様が怪しくなってきていたのをぼくは見逃しませんでした(当初から雨の予報が出ていた)(勿論折り畳み傘を持参)

 

バスに揺られること30分、マリンパークのバス停に到着しチケット売り場で乗船チケットと脱出ゲームに使用する謎解きセットを受け取り連絡船乗り場へと直行、すると連絡船乗り場のスタッフさんから一言

 

「今からそれ(脱出ゲーム)やるとかなり忙しいよ、クリアできなくても絶対に16時50分には乗船場に戻ってきてね」

 

ぼく「上等じゃねえか、こちとら腐ってもMARCH*4通ってんだ。こんな謎解きチャチャッと終わらせて†学歴†って奴を見せてやるよ(本当ですか!わかりました、頑張りますね!)」

 

 

そんなやり取りを終えておよそ3分ちょっとで淡島に上陸、「さてここからは我が†地頭†だけが勝負の鍵、所詮は頭の弱いチンパンジー向けに作られた問題なんぞ簡単に解き明かしてくれよう」などとブツブツ言いながら最初の謎が待つ場所へと向かって行くのでした

 

※謎解きゲームの内容はネタバレ禁止となっているのでここでは割愛します

 

結論から言いますとこの脱出ゲーム

 

なかなかどうして面白い!

 

問題の難易度も難し過ぎず簡単過ぎず、ちゃんと頭を使えば解けるものばかりで楽しく解くことができました。また、このゲームは専用アプリからキャラクターのボイスドラマを聴きながら勧めていくスタイルだったのですがラブライブ!サンシャイン!!の世界観を崩すこと無く、自然に脱出ゲームとのコラボがなされていました。また、このコンテンツに触れたことのない方にもサブストーリーから世界観を説明する、間違った選択肢のストーリーにもひと笑いあるなど非常に丁寧に作られていました

 

そんなこんなで1時間半で謎解きが終了、無事に淡島から脱出することが出来ました

 

これは余談なのですが、この日初めてぼくは淡島に足を運び淡島側から内浦の街を見ることが出来ました。初めて見る内浦の全景でしたがTVアニメ1期6話で千歌が言っていたように内浦の街は"何もない"ように見えるのですが、アニメ26話分を視聴して見る景色は何か違って見え、何もない街の中にAqours9人の居た痕跡を感じることが出来た気がしました。何もない地方の街を"舞台"にしているだけなのに現実の内浦にも彼女達が居るんじゃないか、今いる淡島のカエル館に行けば笑顔で松浦果南が出迎えてくれて、海を渡って安田屋旅館の前に行けばしいたけの世話をする高海千歌が居るんじゃないかと本気で感じてしまう、これが聖地巡礼であり、この風景を我々オタクの為に街の人々が作ってくれていると考えるととても感慨深いものがありました、本当に申し訳ない。

 
f:id:nabechiyo0628:20180507021814j:image
f:id:nabechiyo0628:20180507021829j:image

例えばこうやってカエル館の前には果南のダイビングショップを再現するようにヒレだったり酸素ボンベが用意されてるんですね

 

 

 

さて、そんなセンチメンタルな気分に浸りつつ、雨脚が強まる中で折り畳み傘さんが急逝するというトラブルを乗り越え淡島を後にしました。沼津の駅に戻ったのは17時半頃、その後は駅前のヌーマーズを散策するなどして名残惜しいながらも帰路につきました

 

久々に機運での日帰り旅行をしましたが、全てが行き当たりばったりでとても楽しいながらもやはり時間管理の甘さが露呈した旅行となった気がします

まあ正直なところ、脱出ゲームをクリアできたので何でも良かったと思います

 

それでは最後に3週間も遅れてしまいましたが

 

 

渡辺曜ちゃん、誕生日おめでとう!!!!!

 
f:id:nabechiyo0628:20180507021749j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合わせて読みたい

 

cy-nabechiyo0129.hatenablog.com

 

*1:世界で一番可愛い高校2年生、裁縫、料理が得意で高飛び込みは日本代表級の実力とハイパースペックの持ち主であり、性格面も誰にも別け隔てなく接する所謂コミュ強リア充なので勘違いする童貞も多くない、というか彼女を推しと主張するオタクは間違いなく童貞、筆者も例に漏れず2018年5月現在彼女なしの童貞

*2:静岡伊豆半島の付け根に位置する東海一のオタク都市、ラブライブ!サンシャイン!!の発展と共に徐々にオタクが入植していった結果、現地住民よりもキモ=オタクの方が多く見受けられる都市へと変貌してしまった哀しき街、自治体としてはラブライブ!による町興しを勧めており、オタクもそれに釣られる為win-winの関係が成り立っているように見えるが世界で最も醜く品のないとされるラブライバーという生き物を相手にする関係上、現地住民からは反対の声も少なくない(要出典)

*3:ラブライブ!サンシャイン!!において最も尊いカップリングの1つ、特にG'sマガジンやアニメ1期ではある程度公式からの供給が存在したものの、2期からは新たによしりこというCPに津島善子が吸収され、静かに息を引き取りかけている、同人では未だに根強い人気を持つCPであることから劇場版での大逆転に期待したい。というか劇場版ではこれくらいしか見所を期待していない

*4:明治、青山、立教、中央、法政の頭文字を取った5大学の総称、関東圏では早慶上智に次ぐ私立大学として知られているが実情はただの動物園

こんなオタクにはならないようにしよう

 

 

皆さんこんにちは、なべちよです

遂に新年度が始まりましたね!新天地で新生活が始まるってオタクも多いのではないのでしょうか

そこで突然なんですけれどもオタクって生き物、めちゃくちゃキモいですよね!新生活を迎えるにあたっていきなり初対面の相手に不快感を与えていませんか?皆さんにそうはなって欲しくないので「こんなオタクにはならないようにしよう」という半ば自己啓発的記事です

 

 

この記事を書く発端となったのは上のツイートの出来事でして、中ポケの新歓をしていたところに突然新入生が現れてこの流れになったんですけれどぼくは心底腹が立ちましたのでこの記事を書いています

というわけで

 

1.自分の話したいことだけベラベラ語るオタク

 これ多分多くのオタクが心当たりあるんではないでしょうか、ぼくもあります。例えば事の発端である上の出来事、話を進めていくうちに新入生の彼はポケサーに興味があるわけでもなくぼくの着ていた痛ユニを観て話しかけてきたとわかったんですけれど、これがラブライブ!サンシャイン!!が好きなオタクが話しかけてきてくれたなら痛ユニを着ているぼくとしては宣伝効果が上手くいったということなのでめちゃくちゃ嬉しいんですが、事もあろうに彼は所謂「μ's原理」のある種「Aqoursアンチ」であったわけですね(μ's原理の話は本線とはズレるのでこの場では割愛します)。こちらとしてはサンシャイン!!が嫌い、興味がないオタクはスルーするでしょと思ってやっているわけですから話しかけられた時点で「お、この新入生はサンシャイン!!が好きなのかぁ~」と思って対応します、そうしたら開口一番「サンシャインはダメ」

 

ガイジか???

 

アンチなら気に入らない物には触れなければいいのにわざわざそれを初対面の「自分の気に入らない物のオタク」に「自分はそれ嫌いです」って言いに来るの、はっきり言ってアスペですよね

 

1.ポケモンサークルに興味があるわけでもなく

2.Aqoursが好きなわけでもなく

3.Aqoursをdisる為に

話しかけてきたわけです、これがアスペじゃないなら真性の性悪ですしこの先友人は出来ないでしょう。彼の人生の失敗を祈るばかりです

 

というように相手の気持ちを考えずに自分が言いたいことを好き勝手言ってそれで消えていくのはやめましょう。ましてや新生活が始まるこの時期です、初対面の人も多く相手の趣味がわからない可能性があります。変な不快感を与えてしまうとこの先苦労します。そんなんで馬が合わなくなる程度の友人なんか要らないというのであれば別に止めませんが「そういうところだぞ」とだけ残しておきます

 

また、上の例とは違う話ですが会話は「キャッチボール」です。自分だけがベラベラ話して相手に発言の余地を与えないのは「頭が悪い」行為です、絶対にやめましょう。自分の言いたいことを語りたいだけならぼくみたいにブログでも書いてオナニーしてるのがお似合いです、SNSや匿名掲示板と違って外に出たら自分の言いたいことが言い終わる前に相手も発言をしてくるということは理解しておきましょう。黙って話を聞けない奴なんか周りに要らないというのであればそれも個人の自由なので止めませんが結局は「そういうところだぞ」となります

2.エアプのまま物を叩くオタク

 これも多くのオタクが心当たりあるのではないでしょうか、ぼくも若干あります。1と同じような話になってしまいますが対象を知らないような奴に「◯◯はダメ」と言われるのはめちゃくちゃ腹立ちますよね、お前に何がわかんねんって。オタクはよく「自分が気に食わないから」というだけで「ダメ」と評しますがこれは一番良くないです、大事なのは感情論ではなく「何がどうして気に食わないのか」を論理的に語ることです*1

 

オタクの語録に「浅い」というものがありますが嫌いなものこそ語れるようにしておかないとそれこそそのオタクは「浅い」のでは、とぼくは思っています。嫌いなものを調べていくうちにそれを好きになれたならまたいいことであり、それでもなお嫌いならば「自分はこう思うから気に食わない」と出来る為、ただの逆張り反骨精神のバカと見られることもなくなります。感情論だけでこれは嫌いと言う奴より自分の意見を持って嫌いと言ってくれるオタクの方が個人的には印象が良いですし長い付き合いが出来ると思います

 

3.人を過度に煽るのに煽られると黙るオタク

 これ、当てはまる人は少ないと思いますが大事なことだと思っています。息をするように人を煽る、馬鹿にするオタクっていますよね。しかもこういうのに限って「最低限の礼儀」すら弁えていない野生動物以下の奴なんですよね。ぼくはこういうの見る度に「そのスタンスでよくここまで生きてこれたなぁ、早く社会に出て干されねえかなぁ」って割と本気で思っているんですけれど、このブログを読んでいる皆さんはそんなことはないしそういったオタクにはならないだろうと思っています。呼吸をするように人を煽り馬鹿にする奴って基本的に自尊心高めのお山の大将なんですよね。なので逆に煽り返すと黙るか顔真っ赤にして大声で反論してきます、バカなんじゃないか?この記事は大学生向けに書いているので言っておきますがハタチ近くなって自分の意見だけが通ると本気で思っている奴、これまでどんな生活送ってきたんだ?

基本的に攻撃全振りのオタクは表面上仲良いオタクが多いですが裏で何言われているかはわかりません。小学校時代のいじめっ子が中学に上がった途端に周りから友人が居なくなっているってやつですね、その時の自尊心を満たすためだけにやった行為は後々自尊心を大きく傷つけて負のスパイラルに陥るなんてこともあると思います、皆さん気をつけましょう

 

4.Twitter上で怪文書を送るオタク
f:id:nabechiyo0628:20180408165113j:image

  こんなことをしてくるオタクをぼくは1人しか知りません、彼のようにはならないようにしてください

 

5.野球の試合の度にテレビを破壊するオタク

 ぼくです。テレビは無料ではありません。中日ドラゴンズがどんなに弱くて勝つ気がなくてもテレビを破壊してはいけません

 

6. 親の厚意を無下にするオタク

 

 ぼくです。本当にこんなオタクにはならないでください、オタク以前に人間としてカスです。オタクは人間ではないとかいう冗談を抜きにしてもこんなカスになってはいけません

 

7.偉そうに「こんなオタクにはなるな」とか言って周りのオタクにマウントを取ろうとするオタク

 ぼくです。本当にこんなオタクにはならないでください、オタクがオタクに対してマウントを取ることより醜いことはありません。オタクとは仲良くやりましょう

 

8.@Humming__Friend 及び @nabechiyo39

 ぼくです。頼むから本当にこんなオタクにはならないでください。新歓期は冗談で「俺の後継者を探す」とか言ってましたがこの呪いだけは後輩に受け継いではいけない

 

 

 

こんなところでしょうか、他にもこいつムカつくなってオタクが見つかったり自分のツイートを遡ってこれはアカンなってツイートを見つけたら更新します

 

ここまで読んでくださった皆さんが以上のようなオタクにならないことをぼくは心から祈っています

 

それではまたお会いしましょう、なべちよでした

 

次回、"俺とお前と肥田ゆちか"

ポケモンサークルには入らないようにしよう」

*1:例えばぼく、ファンの方々には大変申し訳無いんですけれどブシロードとその主力プロジェクトであるバンドリのRoseliaってバンドが嫌いでして。厳密にはRoseliaの湊友希那とその演者の相羽あいなって声優が嫌いなんですけれど。彼女ってそもそも声優ではなくプロレスラーをやってたんですよね。声優の学校に通っていながら劇団を通じてプロレスデビュー、引退後にブシロードに目をつけられて響に入社するんですけれど、所謂ブシロ声優らしく下積みなしで自社ブランドのアニメでメインキャラを演じてデビューするんですね。その時に当時AV出演疑惑が出ていた新田恵海さんを無理矢理降板させる形で代役としてデビューしたんですけどまあぼくは当時は個人としての新田恵海さんを応援していまして、良いようにブシロードに利用されて相羽あいなの踏み台にされたことに心底腹が立ちまして、それ以来相羽あいなが嫌いなんですよね。そしてバンドリではRoseliaのボーカルとして起用されるわけなんですが、このRoseliaというバンド、ポピパの次にブシロが推しているバンドとしてソロイベントを続けていて一時期はポピパよりも露出が多かったんですよね。ところでこのバンド、ポピパとの決定的な違いとして「ボーカルが楽器を持たない」んです。他のメンバーはライブで披露する為に各楽器を猛練習する中、相羽あいなが練習する楽器はありません。ボイトレを軽視しているわけではないですが明らかに楽器の練習の方が過酷である以上、これは明らかにブシロが「相羽あいなを贔屓」しているようにしか見えないんですね。このブシロの汚さとそれを受け入れている彼女の浅ましさが嫌いです

中日ドラゴンズ開幕1軍選手紹介

どうもこんにちは、なべちよです

 

遂にプロ野球2018年シーズンが開幕しますね!

というわけで今回は我らが中日ドラゴンズの開幕1軍メンバーについてお話したいと思います

 

投手

 

11 小笠原慎之介

2015年ドラフト1位指名で入団した2014年夏の甲子園優勝左腕。高卒3年目となる今シーズン、球団史上最年少の開幕投手に指名されました。最速150km/hのストレートとキレの良いカーブ、チェンジアップを武器に今季は自身初、球団3年ぶりの2ケタ勝利に期待が掛かります。是非97年生まれの世代が"小笠原世代"と呼ばれるように活躍して欲しいです

 

12 田島慎二

なんでお前1軍にいんの?

オープン戦ではとても守護神とは思えないような打ち込まれようをしている皇帝陛下、2軍で腹ヘコませてから出直してきてくれ

 

13 岩瀬仁紀

蘇った死神。中日が誇る通算最多登板、通算最多セーブ記録保持者。中日黄金期を支えた立役者であり、強い中日の象徴であった1人。近年は衰えや怪我から思うような成績が残せていなかったものの、昨季は通算950セーブを記録するなど50試合に登板し復活の兆しを見せました(球界最年長なのにヤバないか)。老兵は死なずと言いますが彼は死にも消えもしない気がしてならないです。今季も死神の鎌と称されるスライダーや毎年恒例の新変化球で多くの死(アウト)を稼いで貰いたいですね

 

14 谷元圭介

昨季途中に日ハムから金銭トレードで入団。去年のオールスターにも日ハムの選手として選出されていたことから寝耳に水どころの騒ぎではありませんでした。本来金銭トレードで獲得できるような選手ではない為、耳を疑いました。昨季は急な移籍だった為か中日入団後はシーズン前半と違い調子を崩していましたが今年はある程度マウンドには慣れたでしょうし元同僚の大野奨太が入団したので元日ハムバッテリーとしてよりリラックスした投球ができるのではないでしょうか

 

16 又吉克樹

中日の投げる広報。2013年に入団以来頼れるセットアッパーとして常に活躍してくれている無くてはならない投手。サイドスローから放たれる最速150km/h越えの投球は気持ちよく相手(そして味方先発)から勝ちを奪っていくことから"快投ルパン"なんて呼ばれていた時期もありましたね。昨季は序盤先発として勝ちを重ねてきたもののシーズン途中に中継ぎへ再転向、今季もまたセットアッパーとして相手から勝ちを盗んでもらえることでしょう

 

17 柳裕也

2016年ドラフト1位入団の技巧派右腕。昨季は怪我の影響もあり11試合の登板に留まりましたが今季は怪我なくキャンプを完走、先発ローテーション入りが決定してます。同じ技巧派として吉見2世を継ぐのは彼しかいないと思っています、間違いなく彼の飛躍のシーズンは今シーズンです

 

18 鈴木翔太

2013年ドラフト1位入団の右腕。はっきり言って一昨年までは一切期待をしていない選手でした。しかし昨季は先発として1軍に定着し、いよいよ活躍の兆しを見せてくれました。昨季はまだまだ荒削りな部分が多く"知らない鈴木君"がよく登板していましたが、今年はシーズンを通して"良い鈴木君"が常に登板してくれることを祈っています。鈴木小笠原柳の先発ドラ1トリオの活躍が今季の鍵になることでしょう

 

33 祖父江大輔

祖父江三等兵。正直試合になると三等兵どころではない活躍を見せてくれるものの首脳陣からの評価はイマイチで今季キャンプも2軍スタートでした。しかし今季は無事に開幕1軍を掴み取ったので、シーズンを通して便利屋としてチームを支えてくれることでしょう

 

46 鈴木博志

2017年ドラフト1位入団のルーキー。和製キンブレルを志し背番号46を自ら志願、最速157km/hかつ重いストレートを武器にセットアッパー、もしくは守護神としての活躍が期待されています。

 

47 笠原祥太郎

2016年ドラフト4位入団の左腕。ルーキーイヤーの昨季は中盤から中継ぎとして1軍に合流し、終盤には先発としても初勝利を上げるなど今季への期待が高い選手の1人です。森監督も彼の伸び代を高く評価していることからファンだけでなくベンチからも大いに飛躍が期待されている選手であることは間違いありません。4位入団でありながら2年目から開幕1軍を掴み取った左腕に注目しましょう

 

60 ディロン・ジー

今季から入団の元メジャーリーガー。よくこんなん取れたなって感想が第一です、彼自身もメジャー再挑戦を狙っていることから中途半端な内容は残さないだろうと思っています。チェンジアップの空振り率が高く、メジャーの選手らしく球がよく動く印象を受けました。大野が2軍に居る以上、投手陣の要は彼になるでしょう。

 

65 伊藤準規

イケメン、結婚して。昨季から中継ぎとして活躍し好成績を残した10年目右腕。これまでは先発で思うような成績が残せていませんでしたが中継ぎとして開花した今季は盤石の中継ぎの一角として活躍して欲しいです

 

70 オネルキ・ガルシア

謎外人、バルデスのがマシ。とか思ってましたけど何故か打者を抑えてしまうので本当に謎外人。

 

捕手

 

27 大野奨太

今季FAで日ハムから移籍。谷繁の背番号を継ぐ男としての活躍が期待されます。肩肘の怪我が懸念されており、オープン戦序盤ではフリーパス状態でしたが後半では不安を感じさせない状態を見せてくれました。今季の中日は捕手が激戦区であり、松井雅人や木下と熾烈なポジション争いを繰り広げてくれるでしょう

 

35 木下拓哉

昨季から捕手争いに名乗りを上げた若手捕手。他の2人とは捕手としての能力は若干劣るもののロマンある打撃を見せてくれる選手であり、違った魅力でファンを魅せてくれるでしょう

 

38 松井雅人

我らがMMと呼ばれていたのは過去の話。昨季は打撃に開眼(?)し捕手としては見られる数字になったことから捕手争いに再度名乗りを上げました。捕手としての能力はもちろん期待でき、今季は打撃での飛躍と正捕手奪取を期待します。

 

内野手

3 高橋周平

竜の未来を担うべき男。今季はセカンドに挑戦し出場機会を増やし実践での打撃成長が期待されます。我慢して使う時期が終わっていることは彼自信が一番わかっているでしょうしいい加減に毎年の確変を今年こそ覚醒に昇華させて欲しいです

 

51 京田陽太

2016年入団の昨季新人王。ルーキーイヤーから正遊撃手の座を奪取し今の中日の顔と言える選手。2年目のジンクスを感じさせない活躍をオープン戦から見せてくれているので今季は3割前後の打率を残してくれるように期待しています。キャンプから体重の増加に取り組んでいることから今季は長打にもより期待が持てるでしょう

 

53 亀澤恭平

ソフトバンク育成上がりの俊足巧打のムードメーカー。セカンドサードを器用にこなしスタメンや代打代走守備固めとしても活躍できる便利屋です。周平との競合相手であり全くタイプが違うことからより熱い争いが期待されます

 

55 福田永将

横浜高校が生んだ青ゴジラ。昨季は4月後半から1軍に合流し夏頃までホームランが出なかったものの7月中盤に初ホームランが出るとシーズン後半だけで18本のホームランを量、大砲の完成を期待させてくれます。シーズンを通せば30本は打てるであろう逸材です、彼の活躍なくして中日の浮上はありえないと感じています

 

58 谷哲也

崖っぷちから戻ってきた男。昨季まで背番号70と文字通り崖っぷちでしたが今季からは背番号も一転、新しい番号を背負いユーティリティとして活躍することでしょう

 

63 堂上直倫

終身名誉三球団競合ドラ1野手。レギュラーを掴んだ一昨年から一転、昨季はルーキーの京田に遊撃手を奪われまたしても守備の人に落ち着いてしまった大器。内野を全て高水準で守れることからバックアップとしては優秀でありベンチから外せない存在であることは間違いないです

 

4 藤井淳志

永遠の若手。外野全てを守れ、かつ長打のあるスイッチヒッター。平田大島のバックアップとして昨季は多くの試合でスタメン出場し彼もまた無くてはならない存在であることをファンに見せつけてくれました

 

66 ダヤン・ビシエド

3年目となる頼れる主砲。ゲレーロが抜けた今彼がシーズンを通して30本が期待できるのは彼と福田だけです、今季こそ1年を通して怪我なく帰米もなく1軍に定着してほしいものです

 

6 平田良介

肉団子。毎年毎年怪我で離脱する眠れる竜の主砲。お前が打たなきゃ誰が打つ。いい加減に20本くらい打って欲しいんですけれど今年こそと期待しています

 

8 大島洋平

絶対に外せない1番センター。走攻守揃った中日のスター。昨季は3番を打っていたもののオープン戦終盤は1番に戻っており、今季は1番で定着し200安打を期待したいです

 

42 ソイロ・アルモンテ

ゲレーロの代わりに森監督が連れてきた大砲。ヒゲがやべえ。オープン戦当初は振るわなかったものの最終的には4本のホームランを記録しゲレーロの穴を埋められるのではという期待を感じました

 

56 松井佑介

1.5軍から抜け出せなかった男が昨季の覚醒から1軍に定着しました、平田のFA時に「平田が出ていかないと自分の出場機会が増えない」と宣うててふざけるなと思いましたが昨季平田が離脱した後は平田の穴を埋める大きな活躍をしてくれたため今季もこの調子で活躍すればもしかしたら平田からライトの守備位置を奪うことも出来るかもしれません

 

62 工藤隆人

外野の守備固め、代走要員。アルモンテのカバーが主な役割でしょう。実は彼の存在も中日にとってはかなり大きく彼の獲得は落合GMの功績と言えます。

 

 

 

最後結構適当になりましたが中日の開幕1軍メンバーはこんな感じです

野球人の皆さん143試合のペナントレース、よろしくお願いします

 

それでは皆さん

 

あけましておめでとうございます!!!!!!!!

神より偉い存在になれたと思えた瞬間

〜バイト中〜

 

24-5歳と思われる女性「お手洗い貸して頂けませんか?」(結構急ぎ気味、早足で一度店内を一周していることから余裕がないと見える)

 

ぼく「申し訳ございません、当店お手洗いはお客様向けに御用意しておりません」

 

女性「そうですか、ありがとうございます」(早足で退店)

 

 

世界で一番偉くなった気分になった

 

 

数年歳上の女性の排泄を支配するということに快感を憶えました、別にこれを思い出して致すとかはないです